スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西伊豆シーカヤック教室 前編

7月24日の土曜日、長女と二人で西伊豆松崎町のカヤック教室に行ってきました。


s-P7240053.jpg
terapapaはお仕事・・・「午前中で仕事が終わるから、こゆまりを見ていてあげるから二人で行っておいで~」の優しい言葉に
「ホント? でも悪いよ~ 」と言いつつも行く気マンマンな私でした。

土曜日の朝は午前3時半に起床(ちょうどterapapa出勤時間)
沼津ICを遅くても6時半頃までに出れば、渋滞は避けられるというお知らせを頂いていたので
こゆまりのワンツー散歩・洗濯を済ませて、9時半集合のところ、5時に西伊豆松崎に向かってLet's Go~

順調に車は進み、午前7時半松崎到着。
集合時間まで長八美術館の駐車場で仮眠しました。(迎え側の駐車場にトイレ有り)
   s-P7240005.jpg   s-P7240003.jpg

今回お世話になるカヤック教室は 西伊豆コースタルカヤックスさんの初心者教室「イントロコース」です。
s-P7240010.jpg

裏の立体駐車場に車を置いてお店まで徒歩30秒(3時間まで無料)
   s-P7240007.jpg   s-P7240008.jpg

ゲートの高さ制限があるので、キャンカーの駐車は無理ですね。
お店での受付のあとはすぐマイカーで海辺まで移動するので、スタッフの方に言えば何とかなると思います。

店内で参加申込書を記入して、各自松崎国民休暇村横の無料駐車場に移動します。
   s-P7240012.jpg   s-P7240014.jpg  

駐車場からすぐの国民休暇村の海へのゲートを抜けると松崎海水浴場です。
海水浴場のブイの横が出艇場所です。
   s-P7240017.jpg   s-P7240018_20100726122927.jpg

今日お世話になるカヤックがすでにスタンばっていました。

   s-P7240015.jpg   s-P7240016.jpg

イントロコースの参加者は全部で12名 年齢もバラバラ(若い人もいるし、私以上の方も)
インストラクターさんは3人。

初心者コースなので、装備説明・パドルの使い方・乗船の仕方など丁寧に詳しく教えてくれます。
   s-P7240020.jpg   s-P7240022.jpg

メインのインストラクターはオーナーの村田さん。
メールのやり取りでも私の質問にも丁寧にお返事くれたんですよ。
後からプロフィールを見たらすごいカヤッカーなお方でした。

一通り講習を受けたあとはイザ海上へ 午前中は防波堤の中での基礎講習
この時はみんなあっちでゴン、こっちでゴン 「きゃぁ~ごめんね」の声が響き渡っていました。(勿論私も^^;)
   s-P7240026.jpg   s-P7240031.jpg

少し漕ぐと突堤に囲まれた静かな湾?があります。
ココで色々なパドリングの方法をレクチャー&実践。

   s-P7240035.jpg   s-P7240039.jpg



①大きく方向転換
②バック
③流されずに停止している方法
④急旋回(最短で方向転換)
⑤平行移動
⑥バランスを崩した時の修正方法 
⑦沈脱・再乗船(希望者のみ)

などなど盛りだくさんの基礎講習でした。
我が家が一番、習いたかったのが 「沈脱・再乗船」ですが、なかなか勇気を出せずにいたら

インストラクターの方が「せっかくだから沈脱・再乗船の練習しましょ」とタイミング良く?話しかけてきて
絶叫系大好き長女が「やりまーす」と返事をするではありませんか!

そしてそして、な、な~んと歳を省みずに私も挑戦。
せっかく遠くまで来て高いお金を出して講習受けてるのですからね。
行っちゃえ~

一番心配したのが、コックピットに海水が入らないようにつけてているエプロンのようなスプレースカートがすんなり外れるか ということです。
水中でパニクッて教えてもらった外し方が出来るでしょうか?

まぁ、周りにはたくさん人がいるし、インストラクターさんが付きっ切りだし何とかなるでしょ と勇気を出して
ちーん

案の定、覚悟しての沈でもプチパニック。
スプレースカート外さなくちゃとあせったら、自然に外れていて難なく浮上。

私達がつけていたのは外れ易いスカートだったんですって。
な~んだ余分な心配しちゃったわ。 ネオプレーンのような素材で出来たスプレースカートはきっちり外さないと沈脱出来ないそうです。

カヤックにしがみ着いていたら、すぐインストラクターの方が来てくれて、再乗船のお手伝いをしてくれました。
椅子の斜め後方に足をばたつかせて勢いをつけて、腹ばいで船体に乗ります。
腹ばいのままコックピットに近い方の足から中に入れて、クルっと向きを変えると椅子にピタッと納まりました。
う~んなるほど・・・
このあともう一度私が沈脱して、長女のサポートで再乗船。
二人とも良いお勉強してきました。

が、この方法はあくまでもシングル艇でサポートしてくれる人が居る場合であって、タンデムでサポート無しでの再乗船はどうやるんでしょうね。
聞いてくれば良かったと後悔しました。

最後にみんなで記念撮影して午前の部終了です。
この頃になるとみんなサクサクと教えて頂いたテクニックを使って難なく整列できました。
s-P7240052.jpg

1時間休憩のあと、みんなで洞窟探検プチツーリングにお出かけします。

長くなったので後編へつづく



ポチッっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。