スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例♪

優雅な朝ご飯のあと、そのままフェラリアの薬を貰いに行ってきました。
ついでに体重測定&毎年恒例の足腰のレントゲン検査です。
Image004.jpg

小雪・・・4.7kg(11/21より-100g

Image003.jpg

真鈴・・・13.7kg(11/21より-300g
寒い中、一応毎朝運動させに行ってた成果が少しずつ出てますね。
どおりで今までならボール投げ5投で自主休憩に入ってたのに、今はボールを「投げて!投げて!」とバビューンと走って行く訳でした

そして続いて真鈴の股関節他のレントゲン検査。
内臓系はフェラリア開始時に血液検査を毎年しているので今回は省略。
真鈴は小さい時からかっ飛びちゃんで、良く足を痛めてビッコを引いたりしているので、心配性な私は年に1度股関節、背骨、肘膝のレントゲンをとってもらってます。
現在はビッコを引いていないのにレントゲンを撮る事に少し抵抗がありましたが、安心してハイキングやドックスポーツを楽しむ為にも今年も検査をお願いしました。
今回も、背骨(胸椎~腰椎)、股関節(真上、真横)、膝。
麻酔無しの合計4枚。

↓は真上から撮った股関節。
Image006.jpg

綺麗に股関節に収まっているのでOK~~
背骨も綺麗、膝も関節炎の疑い無しの先生の判定でした
真鈴が時々ビッコを引くのは動きすぎによる筋肉痛、または腱を少し痛めた、または同じ体制で居たためのシビレだろうってことでした。
レントゲンで異常がなくても痛そうな時はしばらく安静にしましょうね。
とりあえず安心しました。

続いて小雪。
小雪は生後1年位の間に3度ほど脱臼しました。
4年前健康診断でレントゲンを撮って貰った時、膝関節に骨折らしき跡があり、その後新たな骨が形成されているようだ の診断がありました。
その後、小雪はビッコを引くようなことがなかったので、取り立てて検査をすることがなかったのですが、もうすぐ6歳になるので、レントゲンを撮ってもらいました。
 現像し終わったレントゲンを持ってきた先生が「小雪はちょっと問題が・・・」
ダックスだからいつもヘルニアのことが心配でした。
レントゲンを見ながら先生の説明によると、股関節はとっても綺麗で膝も大丈夫だろうと思うけど・・・腰椎に石灰化した骨が見られるいうことでした。
Image007.jpg

間接と間接の間に石灰化した骨があり、ひどくなるとそれが上に押しあがって背骨の神経を圧迫してヘルニアになるそうです。
所々石灰化した骨がすこ~し写ってましたが、腰椎のシッポの付け根辺りに少々大きな石灰化した骨がありました。
今の所、大丈夫だけど日常生活において、ソファーから飛び降りる、階段の上り下り、ジャンプに十分気をつけるようにとのことでした。
小雪が1度脱臼してからはずっと私とノリ3は別室生活。
ノリ3は寝室で、私は1階の和室でこゆまりと布団を敷いて寝てます。
2階には上がれない様に階段にフェンスをしていますが、真鈴と一緒に突破して駆け上がるので十分注意しなくてはね。

診察料 1,500円×2
レントゲン 真鈴11,000円(通常1枚4,000円だけど沢山撮ったのでオマケ)
      小雪 4,000円(規定料金)
フェラリア 真鈴 2,300円
      小雪 1,900円
消費税      1,110円
合 計     23,300円

非常に痛い出費ですが、私達からこゆまりへのクリスマスプレゼント♪  
こゆまりにしてみればいらねぇ~ってか?
私達の安心料ですね
さぁ~ また元気にかっとぼうぜ♪
スポンサーサイト

コメント

健康診断

こゆまりちゃんは幸せですね。
しっかり毎年健康診断してもらって。

家はフィラリアの前の血液検査とかしかしてません(^^ゞ

  • 2006/12/10 (Sun) 21:00
  • ☆ヴィーまま☆ #Jhs.Tj7s
  • URL
いやいや

ほとんどの家がそうだと思いますよ~
我が家の場合、真鈴は良くビッコを引くでしょ。だからなんですよ。
親戚犬に重度の股関節形成不全の子が何頭かいるし、小雪も脱臼したことあるからね。
ノリ3に心配しすぎ!って言われているけど
小雪の場合は今回レントゲンを撮ってもらって良かったです。
 加齢とともにちょっとずつ健康が気になるね。私もだけど・・・v-408

  • 2006/12/10 (Sun) 21:31
  • tera #PJcIYrMs
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。