スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜景を見ようキャンプ1日目

今回は家から2時間ほどで行けて、夜景が綺麗なところを検討
①山梨の黒坂キャンプ場  場内にお風呂が無くて断念
②河口湖明光キャンプ場  平らなサイトがあまりない。設備↓の割には料金が↑か?
③西伊豆こうキャンプ場  お風呂有り、西伊豆だから暖かい?

結果、③の西伊豆こうキャンプ場に決定~
本日もノリ3の仕事が終わるのを待って11時半頃自宅出発。
お天気もまずまず、綺麗な駿河湾を見ながらキャンプ場に向かってGO~
途中からうわさに名高いダートな道を2kmほどガタガタと揺られながら、最後の急坂を上ると左手に管理棟
PC080015.jpg

管理人さんにご挨拶をして、設備の説明を一通り聞いてサイト選びです。
今日は、我が家を含めて3組だけ(1組はコテージ泊)なので好きなところをどうぞ!
と、お風呂も24時間いつでもOKですよ とありがたいお言葉。
が、混むシーズンには難しいサイトレイアウト(細長いサイトの為、奥に設営すると手前の方が撤収するまで車が出れない状態になる場合も?)

このキャンプ場は7段ほどの雛壇になっていて、水周りは全て3段目にあります。
上の段に行くほど旧坂になり、坂を上り下りさせたくない小雪の為に(私もシンドイしね)、2段目を選択。
ここがまぁ~なんと素晴らしい景色なんですよ。
椅子に座ったまま富士山、駿河湾、沼津方面が一望できます。
DSC08495.jpg

すぐ下の段には常連さんの2組のグループキャンプな方々。
だるまストーブに萌え~~ 

設営場所が決まったら、管理人さんから「コーヒーをいかがですか~」と声をかけて頂き、管理棟?で雑談しながら、コーヒータ~イム。
なんとレンタル用のコールマンの赤ランタンが・・・
ホヤが丸くて可愛い~ 管理人さんの自宅には20本ほどのランタンがあるそうです。(1本1本写真を撮ってあってアルバムを見せてくれました)
同じ赤ランタンでも年代や製造国が違うと同じ赤ランタンでも色や形が違うんですね。
これまた萌え~~
DSC08491.jpg DSC08492.jpg

で、驚きだったのが管理人さんの自宅が我が家と同じ市内!!
平日は自宅で過ごすようです。
キャンプ場は電気もガスも来ていないので、すべて自家発電に頼ってるんですよね
今回は3組だけだったので、管理人さんの行き帰りの交通費、ガソリン代、キャンプ場設備の維持費を考えたら赤字では?と要らぬ心配をしてしまったのでした。

そして色々と話ながら達磨ストーブのそばに居ると暖かさに根が生えてしまいそうなので、設営開始。

夜の寒さも考えて小川のスクリーンタープと無理やりステーシーをドッキング。
ちょっと見た目は悪いけど、寒い日や雨の日にはとっても便利♪
PC080092.jpg PC080094.jpg

地面は硬めで石が多少ゴロゴロ。ペグは入りにくそう。
私はペグ打ちしなかったので他人事でしたが・・・
設営が終わってキャンプ場の上段にお散歩。
小雪は坂の上り下りは抱っこだったので、不満タラタラ
「降ろせ~」と暴れる暴れる。
誰も居ない最上段の平らのサイトで降ろしてあげると、狩猟犬の本能かどんどん雑木林の中にはいって行こうとするので油断出来ない。
とにかく徹底して上り下り禁止令でした。
真鈴は山道を登ったり降りたり、匂いを堪能したりであっちこっち忙しそう。
DSC08456.jpg DSC08502.jpg

上段サイトからは木が覆っていてあまり景色は望めません。
我が家のサイトが一番良いかも~

夕食はキラキラ輝く沼津の夜景や駿河湾に浮かぶ漁火を見ながら焼き鳥、焼肉、ポトフ。
相変わらず代わり映えしないけど、美しい景色が2品にも3品にもなりいつもの倍以上にご飯がおいしいの~

PC080022.jpg
ノリ3が呆れる位良く食べました♪
ポトフは多めに作って翌朝も食べます。
そのまま食べたり、うどん、ご飯、お餅を入れたり出来るのでとっても便利な1品です。
夕食の後は焚き火をしながら夜景&星空撮影@ノリ3
DSC08415.jpg

DSC08436.jpg

小雪は私の膝の上で毛布に包まってウトウト。
真鈴は焚き火から上がる火の粉にカプカプ。狙いを定めてジャ~ンプ。
私は薪を追加しながらユラユラゆれる炎に癒されマッタリ~~
PC080035.jpg PC080083.jpg
PC080033.jpg PC080054.jpg

焚き火のおかげで全く寒さを感じなかったけど、さすがに焚き火から離れるとチト寒いです。
今回持ってくるはずだったベンチコートを忘れて、薄いビニールのジャンバーのみ。
たまたまノリ3のダウンジャケットが車に入っていたので、それを拝借して着た途端、テーブルのランタンのホヤに袖が触れて1箇所ジュ~~。フワフワと一瞬羽毛が・・・
ごめんよ~ノリ3^^;
PC090115.jpg


9時頃お風呂に入りに行き、ポカポカの暖かな体で10時半頃就寝。
が、今回テントの中に引く銀マット忘れました~
いつも寒い時期のテント内は銀マットにインフレータブルマットを敷くのにね。
今回は仕方が無いので、インフレータブルマットの上にノリさんの封筒型のフリースのシュラフを広げて3シーズン用の封筒型シュラフのみのお布団。
封筒型は肩周りが寒いけどね。少し潜り混めばOK~
着て寝た服は、靴下、タイツ、ジャージのズボン、半袖シャツにトレーナー。
私は寒いとイヤなのでモンベルのシュラフ#3と封筒型と2枚使うつもりで居たけど暖かかったので封筒型のみで十分グッスリ眠。
テントが小さいし天然湯たんぽ(小雪)もあるしね。
真鈴は足元のひざ掛け毛布の上でゴロリン。
時々ノリ3の足の上に乗って重たかったらしい。
これまた他人ごと~
外気温5度ほど?

夜中、ザワザワ~と風の音が・・・
山から吹き降ろしてくる風の音が「お~来るぞ、来るぞ~」聞こえてくるけど、テントは揺れず仕舞い。
サイトが段々になっているので木の上を風が通り、枝が揺れる音だけが聞こえてきてました。
それも素敵な子守歌♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。