スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーコリーとボイジャー

今回の本栖湖ディキャンプでもこゆまりを乗せて練習してきました。
涼しい時期なら車に置いて行くことも出来るけど、暑い日は絶対にMGですものね。
やはり一緒に行動するには「目指せカヌー犬」です。

今回のプチツーリングでは私はサイトでお留守番のつもりでいたら、ヴィー家の「こゆまりを見ててあげるよ~」の有難いで申し出でこゆまりを置いて私も一緒に行くことが出来ました。
ヴィーパパ、ヴィーママ有難う

IMG_6332.jpg

                    写真は5/18 photo by たつごろうさん 有難うございました
さてさて大人二人、小型犬1(4.5kg)、中型犬1(14kg)のボイジャーの乗り心地はどんなものでしょうか。

あまり乗りたくない真鈴を無理やりボイジャーに乗せて出航~

う~ん
やはり2度ほど飛び込みました@真鈴
やめてくれ~~

岸に向かって泳ぎはじめる真鈴としばらく並んで漕ぎ、また乗船させてと2度ほど繰り返しました^^;

でもさすが安定性の良いボイジャー。
真鈴が艇の淵を蹴って飛び込んでも、PFDの取っ手を持って再乗船させても多少グラつくも沈の恐怖はありませんでした。
あくまでも穏やかな湖面の時でしたが・・・
ただ、船体布が傷がつきそうで怖いですね。

イザとなったら飛び込む前に湖面に降ろしてあげればよいか?
でも引き上げた時、私達がビショビショになる
次回はヒヅメでもかじらせながら乗船させてみようかしら

って、そういう問題じゃないよね。
勝手な行動はゆるさんぞ~~

理想は、小雪は私の膝の上、真鈴は私とterapapaの間にお行儀良く座るか伏せ状態。
地上でも元気良すぎな真鈴に「大人しくしてなさ~い」 なんて到底無理な話かもですが・・・
お船に乗る前に、メチャクチャ疲れさせておく必要もありかしら?
飛び込まず大人しく乗っていられるようになるまでは岸沿いに湖上お散歩ですね。

やはり、カナディアンと違って狭いので、真鈴がバタバタするとterapapaは漕ぎにくそうです。
できるだけ私の背中にくっつけておかなければ・・・
おぶい紐?
それとも~~~ もう一艇! ソロ艇逝っちゃう??  

カヌー犬修行は始まったばかり、気長にこゆまりと一緒に楽しみしょう♪



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。